ブログの始め方から
収益化までを徹底解説

 

【徹底解説】未経験からWeb制作を仕事にするまでの5ステップ!必要な3つのスキルを紹介

未経験からWeb制作を仕事にするまで

「在宅ワークができるWeb制作に興味があるけど、未経験でも始められる?」
「自分に向いてる仕事なのか知りたい」
「Web制作するのにはどんなスキルが必要?資格はあるのかな?」

副業ブームやコロナ禍の影響により、在宅ワークに魅力を感じる方が増えています。動画編集やイラストレーターなど様々な在宅ワークがある中で、未経験でも始められる「Web制作」が人気を集めています。

ただ一方で、Web制作に求められるスキルや仕事にするまでの流れがイメージできないという方が多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では

  • Web制作の仕事内容
  • Web制作が向いている人
  • 未経験者がWeb制作を仕事にするまでの流れ
  • Web制作に必要なスキル

について解説します。未経験者が年収アップするための方法も詳しく解説するので、ぜひ最後までお読みください。

Blog(https://www.proof0309.com/)  Twitter(@namakemono0309

 

Web制作の概要をサクッと解説

Web制作の概要

まず、Web制作にはどのような仕事があるのかについて解説します。

  1. Web制作の仕事内容
  2. Web制作が向いている人

初心者でもわかりやすいように、専門用語の解説を入れてお伝えするので、しっかりとチェックしておきましょう。

1. Web制作の仕事内容

Web制作とは、新しくホームページや通販サイトを作ったり、既存のサイトのリニューアルやコンテンツの追加をしたりすることです。Web制作には様々な工程があり、仕事内容はクライアントからの依頼によって異なります

例えば、コンピューターに指示する専用言語(プログラミング言語)を用いてWebページを作成したり、トップページをデザインしたりする仕事があります。また、クライアントの要望やWebサイトを作る目的をヒアリングし、リサーチやアクセス解析を含めた企画から依頼を受けるケースも少なくありません。

Web制作会社に就職する場合は、プログラマーとデザイナーなどが分業し、チームでサイトを作りあげるのが主流です。ただし、フリーランスとして活動する場合はヒアリングやコーディングなど、すべての作業を1人で行うケースが多く幅広い知識が求められます。

2. Web制作が向いている人

Web制作に向いている方は、以下のとおりです。

  • 学習意欲が高い
  • コミュニケーションに自信がある
  • 集中力がある

パソコン作業のイメージが強いWeb制作ですが、実はクライアントの要望をヒアリングしたり、サイト設計の狙いを説明したりなど、コミュニケーションの機会が多い仕事です。

そのため、営業力や提案力などのコミュニケーションスキルが求められますまたIT業界のトレンドは、移り変わりが非常に早いのが特徴です。したがって、常に意欲をもち、学習し続けられる方が向いていると言えます。

未経験からWeb制作を仕事にするまでの5ステップ

未経験からWeb制作を仕事にするまで

「そもそも未経験者は何から始めたら良いのだろうか」と悩みを抱える方が多いのではないでしょうか。未経験からWeb制作を仕事にするまでには、主に以下の5つのステップがあります。

  1. 学習環境を整える
  2. スキルを身につける
  3. 実績を作る
  4. ポートフォリオを作成する
  5. 案件や求人に応募する

必要な準備から仕事の受注方法まで詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 学習環境を整える

まずは、Web制作の学習に取り組める環境を整えましょう。Web制作の学習に必要な準備は、以下のとおりです。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • テキストエディタ

テキストエディタとは、テキストファイル(記号や文字など)を編集するソフトを言います。Windowsの「メモ帳」やフリーテキストエディタの「Visual Studio Code」などがあるので、自分の使いやすいものを探してみましょう。

また、スキルを身につける際には「時間の使い方」を見直すことが非常に大切です。通勤や移動中のスキマ時間、休日の過ごし方などを見直して、学習時間を増やせるように意識しましょう。

2. スキルを身につける

Web制作のスキルを身につける方法には、以下の選択肢があります。

  • 独学
  • Web制作のスクールに通う
  • Web制作会社に就職する

それぞれのメリットとデメリットを比較した表は、以下のとおりです。

メリット デメリット
独学 ・費用が抑えられる
・自由に学習時間が選べる
・モチベーション維持が難しい
・挫折率が高い
・サポートが受けられない
Web制作スクール ・効率よく学べる
・相談ができる
・転職サポートが受けられる
・仲間を作りやすい
・費用が高い
・スケジュール調整が必要
Web制作会社へ就職 ・給与を受け取りながら学べる
・色々なジャンルのサイト制作ができる
・残業が多い可能性がある

「Web制作を学ぶには、高額なスクールに通う必要があるの?」と不安を抱えている方は少なくありません。

しかし、近年は無料で利用できる「オンライン教材」や「YouTube」などが充実しているので、独学も十分可能です。「できるだけ費用をかけずに学びたい」という方は、独学から始めてみてはいかがでしょうか。

なお、独学にかかる期間や勉強方法については「独学でWeb制作スキルを身につけるための5ステップ!勉強期間や稼ぐコツも紹介」にて詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。

3. 実績を

Web制作の案件を獲得するには、実績が重要です。身につけたスキルを活かし、実際にWebサイトを制作して、コツコツ実績を増やしていきましょう。

未経験者が実績を作るには、以下の方法があります。

  • コンテストに応募する
  • クラウドソーシングで受注する
  • 家族や知人などに声をかける

未経験者でも、様々な方法で実績は作れます。それでも「実績を作れるか不安」と感じる方は、Web制作のスクールに通うのも選択肢の1つです。

Web制作スクールでは、卒業制作のカリキュラムとしてクライアントワークを行うケースがあります。効率よく実績まで作りたい人は、スクールを検討してみると良いでしょう。

4. ポートフォリオを作成する

ポートフォリオとは、実績やスキルをまとめた作品集を指します。ポートフォリオは、副業やフリーランスとして活動したい方に限らず、Web制作会社へ就職する際も必要となります。

ポートフォリオには、以下の内容を記載すると良いでしょう。

  • 自己紹介
  • スキル
  • 自分の強み
  • 実績・作品
  • SNSアカウント など

ポートフォリオは、ただの作品集ではなく自己アピールするための営業資料になります。そのため、実績としてサイトを添付するだけではなく「どのように考えてWeb制作したのか」を記載すると良いでしょう。

「ターゲット」や「Webサイトの目的」などを記載することで、より魅力的なポートフォリオに仕上がります。

5. 案件や求人に応募する

ポートフォリオが作成できたら、勇気を出して案件へ応募してみましょう。Web制作会社への就職を考えている方は、転職サイトやエージェントを利用するのもおすすめです。

また、副業やフリーランスとして活動したい方は、以下の応募方法があります。

  • クラウドソーシング
  • 求人サイト
  • ビジネス版マッチングアプリ
  • 直営業 など

クラウドソーシングとは、オンライン上で仕事の受注や発注ができるマッチングサイトを指します。未経験者には、仕事が受注しやすいクラウドソーシングの利用がおすすめです。

なお、未経験者におすすめの仕事の受注方法については「【初心者必見】Web制作の副業に必要なスキルや仕事の取り方3選!稼げない人の3つの特徴も紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

未経験者がWeb制作するために必要な3つのスキル

未経験者がWeb制作するために必要なスキル

Web制作を行うためには、様々なスキルが必要です。ここでは、Web制作に最低限必要なスキルを紹介します。

  1. コーディングスキル
  2. Webデザインスキル
  3. Webライティングスキル

おすすめの学習方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. コーディングスキル

コーディングとは、HTMLやCSSを使って見出しをつけたり文字を装飾したりして、Webページとして閲覧できるようにする作業です。

まずは、未経験でも理解しやすいと言われている「HTML」と「CSS」から学習を始めてみましょう。コーディングするためには、HTMLやCSSの他にも、以下のスキルを身につけておくことをおすすめします。

  • JavaScript:ブラウザで動きをつけるプログラミング言語
  • CMS:コンテンツを管理するシステム

コーディングの学習方法には、以下のようなものが挙げられます。

  • 書籍
  • オンライン学習サービス
  • 動画サービス
  • 模写コーディング など

模写コーディングとは、既存のWebサイトのデザインを真似て記述してみることです。模写コーディングは、アウトプットしながら学べるので、スキルアップを図るための人気の学習方法です。

なお「HTML」や「CSS」を使ってできることについては「【初心者必見】HTMLとはWebサイトの構造を表す言語!3つのできること・頻出タグ7選を紹介」「CSSとはWebページのデザインに必須の言語!書き方やHTMLとの違いをわかりやすく解説」にて解説しています。こちらもご覧ください。

2. Webデザインスキル

Web制作には、画像編集やデザインスキルだけでなく、ツールを使いこなす技術が求められます。よく利用されている「Photoshop」と「Illustrator」は使いこなせるように、しっかりと学習しておきましょう。

Webデザインを学習するには、書籍やオンライン教材の活用がおすすめです。書籍やオンライン教材で一通りデザインが学べたら、実際にWebサイトを制作しながら知識を深めていきましょう。

3. Webライティングスキル

SEO対策のためにも、Webライティングスキルは重要です。SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に、制作したサイトを上位に表示させる手法を指します。

Webライティングスキルを身につけるには、以下の方法があります。

  • 書籍
  • オンライン教材や講座
  • ブログを開設する
  • クライアントワークに挑戦する

効率よくライティングスキルを身につけるなら、僭越ながら私が講師を務めるオンライン講座「Writing Hacks(ライティングハックス)」を受けるのがおすすめです。「Writing Hacks」には、添削サービスや無制限の質問対応があり、圧倒的なスキルを身につけられるのが魅力です。

一通りライティングが学べたら、WordPressで自分のブログを開設してみましょうなぜなら、WordPressのスキルが身につき、ブログを実績にできるからです。

初めてレンタルサーバーを契約する方には、無料で30日間利用できる「カラフルボックス」がおすすめです。30日を過ぎても、月額1,000円前後と手頃な価格でブログ運営ができます。これからブログを始める方は、ぜひチェックしてみてください。

なお、ブログ解説については「【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説」にて詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

未経験からWeb制作するのに資格は必要?【なくてもOK】

未経験からWeb制作するのに資格は必要?【なくてもOK】

Web業界では、資格は重要視されていないケースが多いです。なぜなら、資格より実績やスキルのわかるポートフォリオを重視する傾向にあるからです。

そのため、資格は必ずしも取得しなければならないものではないと言えます。ただし、資格を取得する際に、基本的な知識が効率よく覚えられる点がメリットです。

特に独学する場合は、何から学べば良いのかわからず挫折してしまうケースが少なくありません。したがって、勉強法に不安がある方は、以下の資格取得を目指しながらスキルを身につけると良いでしょう。

Web制作に活かせる資格

Webクリエイター能力認定試験エキスパートの合格に必要な勉強時間は、約38時間と言われています。また合格率は例年90%前後と、それほど難易度は高くない資格です。

「効率良く基礎を学びたい」「履歴書に書く資格がほしい」という方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

未経験者がWeb制作で年収アップさせる方法

未経験者がWeb制作で年収アップさせる方法

「Web制作はオワコンと聞いて不安」「稼げなかったらどうしよう」という悩みをおもちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、未経験者がWeb制作で年収アップさせる方法を紹介します。

  1. スキルを幅広く身につける
  2. フリーランスとして独立する

Web制作で稼ぐために必読の内容なので、しっかりと確認しておきましょう。

1. スキルを幅広く身につける

現在のWeb制作現場は、スキルが低い人材が飽和している状態です。そのため、低単価な案件が増え競争が起きています。一方で、マーケティング力や高いデザインスキルをもつ人材は不足しているのが実情です。

つまり、高いスキルがあれば多くのクライアントから必要とされる人材となり、年収アップが期待できます。

また、幅広いスキルと高い技術を身につければ、プロデューサーやディレクターなど上流工程の仕事に携わることで単価アップが期待できます。年収アップのためには、コツコツとスキルを磨き続けることが大切です。

2. フリーランスとして独立する

スキルと実績ができ、収入が安定してきたらフリーランスとして独立するのも選択肢の1つです。フリーランスは営業から納品まですべて自分で行うため、Web制作会社の社員と比較して年収アップが期待できます。

また、仕事内容の決定権が自分にあったり、勤務時間や場所に縛られなかったりと自由度が高いため、仕事の幅が広がる点も魅力です。

フリーランスと会社員の違いについては「【徹底解説】未経験者がWeb制作フリーランスを目指す方法3選!会社員との違いや平均年収も紹介」にて詳しく解説しています。フリーランスにご興味をおもちの方は、ぜひチェックしてみてください。

サーバー料金25%OFF&ドメイン永久無料

サーバー料金25%OFF&ドメイン永久無料

・サーバ料金25%OFFクーポン

1年以上のご契約に限りクーポンコード「SERVER25」を入力すると利用料金25%OFF(BOX1は対象外)
※クーポンコードの使い方(1)サーバーの30日間無料お試しを申込む → (2)サーバー詳細画面の「アップグレード/ダウングレード」から本契約(12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月のみクーポン適用)を行う → (3)「プロモーションコード」にコードを入力し「コードの認証」進む。特別価格が適用

・ドメイン永久無料

対象ドメインは「 .com / .net / .org / .info / .biz / .tokyo / .xyz / .club 」の8種類
レンタルサーバーBOX2〜8プランを12ヶ月以上の年間契約いただくことにより初回利用料金が25%OFFになり、8種類の独自ドメインの新規登録・移管・更新を永久無料でご利用可能
※注意事項
他のプロモーションコード(クーポンコード)との併用は不可
次回更新以降は通常料金
更新やプラン変更等、既に契約済のサービスには利用不可
サーバーアカウント毎に1回限り有効
アダルト対応サーバーもキャンペーン対象
規定在庫がなくなり次第、クーポン提供を終了させていただく場合あり
>>ドメイン永久無料詳細はこちら
▼WordPressの始め方はこちら▼ 【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説 >>【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説