PICK UPサーバー50%OFF!お得なクーポン提供のお知らせ close

ブログ・WordPressの始め方から
収益化までを徹底解説!

WordPressテーマ「Cocoon」のメリット5選・デメリット2選【使い方も紹介】

cocoonのメリット・デメリット

「ブログを始めたいけど、最初からお金をかけるのは不安」
「Cocoonには有料テーマ以上の機能があるって聞いたけど本当?」
「同じ無料テーマのLightningやSTINGER PLUS+よりおすすめなの?」

Cocoon(コクーン)」は、スマホ表示対応やSEO対策など、無料とは思えないほど便利な機能が充実したWordPressテーマです。

そのため、無料WordPressテーマの中でも、圧倒的な人気を誇っています。サイト運営に必要な機能のほとんどが織り込まれているので、できるだけお金をかけずにブログを始めたいという方にぴったりのテーマです。

そこでこの記事では、Cocoonについて以下の内容を解説します。

  • Cocoonのメリット・デメリット
  • Cocoonの使い方
  • 口コミ・評判

Cocoonのインストール方法も、画像付きでわかりやすく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

Blog(https://www.proof0309.com/)  Twitter(@namakemono0309

 

WordPressテーマ「Cocoon」とは?30秒でサクッと解説

Cocoon

テーマ名 Cocoon
価格 無料
複数利用 可能
サポート 公式フォーラム
(質問可能)
特徴 ・シンプルなデザイン
・SEO内部対策
・スマホ表示対応
・収益化に役立つ機能が充実
・SNSの拡散機能が豊富
・カスタマイズがしやすい

Cocoon(コクーン)とは「寝ログ」の運営者わいひら氏が開発したWordPressテーマです。WordPressテーマ「Simplicity」の後継として再構築されたCocoon。Simplicityに寄せられた約23,000の投稿を元に制作されています。

Cocoonの強みは、初心者にも使いやすい点です。さらに収益化に役立つ仕組みが整っていたり、簡単にサイトのデザインを変えられる「スキン」があったりと、便利な機能が充実しています。

また利用者が多いので、問題が起きた時にYouTubeやブログなどですぐに解決できる点も初心者にとってうれしいポイントです。

Cocoonを利用するメリット5選

Cocoonを利用するメリット

ここでは、Cocoonを利用するメリットを5つ紹介します。

  1. 無料で利用できる
  2. 内部SEO対策が整っている
  3. スマホ表示に対応している
  4. 収益化のための機能が充実
  5. SNSの拡散機能が豊富

無料とは思えないほどのメリットがあるので、有料テーマと悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 無料で利用できる

Cocoon最大のメリットは、無料で利用できるところです。有料テーマの価格は、約1万円〜1万8000円程。初めから費用をかけるのに、不安を感じる方が多いのではないでしょうか。

また有料テーマは、お試しできないものが多く「せっかく購入したのに使いこなせなかった」という状況になりがちです。Cocoonなら、無料で使い始められるので、実際に利用し自分に合うかを試せる点もメリットです。

それでも「無料テーマだから、カスタマイズや文字の装飾ができないのでは?」と疑問を感じている方がいるかもしれません。Cocoonは、簡単にカスタマイズできるのも魅力の1つ。スキン機能を使えば、手軽にコンテンツの配置やサイトカラーなどデザインをカスタマイズできます。

さらにCocoonには、あらかじめ文字のスタイル変更や吹き出し機能が備わっているので、プラグインをインストールする必要なく装飾が可能です。

2. 内部SEO対策が整っている

SEO対策が強化されている点も、Cocoonのメリットです。Cocoonの内部SEO対策は、以下のとおりです。

  • ページの表示速度が速い
  • スマホ表示テストに合格
  • メタタグ編集機能あり

ページの表示速度は、読者満足度やGoogleの検索エンジンに評価されるために重要となります。Cocoonでは、画像をスクロールしたタイミングで読み込むので、ページの表示速度が速いのが特徴です。

メタタグとは、Webサイトの情報を設定するタグを言います。メタタグを記載することで、検索エンジンのクローラーやブラウザに情報を詳しく伝えることができます。メタタグの編集(メタディスクリプションやメタキーワード)は、クリック率にも影響を与える項目ですので、しっかりと活用しましょう。

3. スマホ表示に対応している

Cocoonでは、スマホ表示にもしっかり対応しています。実際に「Webサイトはスマホで見ている」という方が多いのではないでしょうか。2021年のデータによると、日常的なインターネット利用が「スマホのみ」と答えた方は52%となっており、一方で「パソコンのみ」と答えた方は1%でした。多くのユーザーは、スマホでWebサイト見ていることがわかります。

スマホで見た時にデザインが崩れていると、読者が離脱する要因となります。そのため、テーマがスマホ表示に対応しているかは非常に重要なポイントです。

テーマの中には、パソコンで見やすく表示されていても、スマホではデザインが崩れてしまうケースがあります。Cocoonなら、スマホ表示に対応しているため、わざわざ「スマホでも問題なく閲覧できるか」を気にする必要がない点がメリットです。

4. 収益化のための機能が充実

Cocoonには、ブログの収益化をサポートする機能が充実しています。

収益化のための機能
  • Googleアドセンス管理
  • ランキング作成
  • Amazonや楽天の商品リンク作成

例えば、Googleアドセンスを利用する場合、1つの広告コードを貼るだけで様々なフォーマットの選択が可能です。

またプラグインを入れなくても、ショートコードでAmazonや楽天の商品リンクが作成できるのは、アフィリエイトサイトを始めたい方にとってうれしいポイント。

広告コードのフォーマットを使い分けたり、プラグインで商品リンクを作成したりするのは、時間と手間がかかります。Cocoonなら収益化のための作業時間が短縮できるので、すぐに記事を書き始めたい方に大変おすすめです。

5. SNSの拡散機能が豊富

Cocoonは、SNSの拡散機能が豊富です。プラグイン無しでSNSフォローボタンやシェアボタンなどを記事内に設置できます。

画面キャプチャ

例えば、Cocoonでは以下のようなSNSフォローボタンが設置可能です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Instagram
  • Pinterest
  • YouTube
  • Flickr
  • LINE@
  • Amazon欲しい物リスト など

SNSは拡散性が高く、多くのユーザーに情報を届けることができるので、しっかりと活用していきましょう。

Cocoonを利用するデメリット2選

Cocoonを利用するデメリット

Cocoonのデメリットは、以下の2つです。

  1. 他のサイトとデザインが被りやすい
  2. 他テーマへの移行が大変

たくさんの記事を書いてから後悔しないように、チェックしておきましょう。

1. 他のサイトとデザインが被りやすい

Cocoonはシンプルなデザインが特徴であるため、他のサイトとデザインが被りやすいという声があります。デザインで差別化したい方にとっては、デメリットになる部分です。

人と被らないサイトを作成したい方には、手軽におしゃれなブログがつくれる有料テーマ「SANGO」や「JIN」をおすすめします。

2. 他テーマへの移行が大変

Cocoonは独自機能が多いため、他のテーマに移行しにくい点がデメリットです。Cocoonで執筆した記事をテーマ移行後に確認してみると、装飾がショートコードで表示されるケースがあります。有料テーマへの移行を考えている方は、移行先のテーマとの相性をチェックしておくと良いでしょう。

例えば「SWELL」なら「乗り換えサポートプラグイン」が用意されているため、問題なくテーマ移行が可能です。

Cocoonの使い方3ステップ

Cocoonの使い方

Cocoonの使い方は、以下のとおりです。

  1. Cocoon親テーマと子テーマをダウンロード
  2. Cocoon親テーマと子テーマをインストール
  3. Cocoonを有効化

それぞれについて画像付きで解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. Cocoon親テーマと子テーマをダウンロード

まずCocoon公式サイトから、親テーマをダウンロードしましょう。

画面キャプチャ

続いて、子テーマをダウンロードします。

画面キャプチャ

注意
エラーの原因となるので、ZIPファイルは解凍しないままインストールしてください。

Cocoonテーマは、子テーマを利用しましょう。なぜなら、親テーマのみインストールした場合、アップデートにより「CSS」や「カスタマイズ」がリセットされてしまうからです。子テーマをインストールすることで、カスタマイズがリセットされることなくアップデートできます。

2. Cocoon親テーマと子テーマをインストール

WordPressダッシュボード「外観→テーマ」を選択し「新規追加」をクリックします。

画面キャプチャ
続いて「テーマのアップロード」をクリックしてください。

画面キャプチャ

「ファイルを選択」をクリックし、親テーマの「cocoon-master.zip」を選択します。「今すぐインストール」をクリックしたら、インストール完了です。

画面キャプチャ

続いて、同じ手順で子テーマの「cocoon-child-master.zip」をインストールしましょう。

参照元:Cocoon

3. Cocoonを有効化

インストールが完了したら、親テーマ・子テーマをそれぞれ有効化する必要があります。インストール画面に表示された「有効化」をクリックしましょう。

画面キャプチャ
有効化が完了後、ダッシュボード「外観→テーマ」を選択すると、Cocoonが表示されます。

画面キャプチャ
「有効:Cocoon」の表示が確認できたら、準備が完了したサインです。

Cocoon利用者の口コミ・評判

Cocoon利用者の口コミ・評判

実際にCocoonを使っている人の口コミ・評判をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 利用者が多いので問題解決が簡単にできる
  • 吹き出しやランキングなど機能が豊富
  • SEOで勝負するならCocoonで十分

有料テーマを買わなくても十分であることを裏付けるような声が、多数ありました。

Cocoonに向いている人

Cocoonに向いている人

  • WordPressテーマにお金をかけたくない方
  • 初期投資をできるだけ抑えたい方
  • WordPress・ブログ初心者

Cocoonは、無料でありながらサイト運営に必要な機能が組み込まれています。そのため、初期投資を抑えたい方やテーマにお金をかけたくない方に大変おすすめです。

さらに、Cocoonには「フォーラム」という機能があります。フォーラム上で質問ができたり過去の質問や解決策が閲覧できたりと、WordPress初心者に役立つ機能です。

初心者は、サイト開設時の設定やカスタマイズなど何かと壁にぶつかりがちです。「エラーの解決策が知りたい」「設定方法が全くわからない」といった問題が解決できるフォーラムがあるので、安心して利用できます。

そして無料で使えるのがCocoon最大のメリットです。迷っている方は、1度利用してみてはいかがでしょうか。

サーバー料金50%OFF & ドメイン永久無料を開催中

【概要】

期間

2022年08月01日(月)〜 2022年08月31日(水)23:59まで

内容

・サーバ料金50%OFFクーポン

1年以上のご契約に限りクーポンコード「SV50FTDS4035」を入力すると利用料金50%OFF(BOX1は対象外)
※クーポンコードの使い方(1)サーバーの30日間無料お試しを申込む → (2)サーバー詳細画面の「アップグレード/ダウングレード」から本契約(12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月のみクーポン適用)を行う → (3)「プロモーションコード」にコードを入力し「コードの認証」進む。特別価格が適用

・ドメイン永久無料

対象ドメインは「 .com / .net / .org / .info / .biz / .tokyo / .xyz / .club 」の8種類 レンタルサーバーBOX2〜8プランを12ヶ月以上の年間契約いただくことにより初回利用料金が50%OFFになり、8種類の独自ドメインの新規登録・移管・更新を永久無料でご利用可能

>>ドメイン永久無料詳細はこちら  
※注意事項
  • 他のプロモーションコード(クーポンコード)との併用は不可
  • 次回更新以降は通常料金
  • 更新やプラン変更等、既に契約済のサービスには利用不可
  • サーバーアカウント毎に1回限り有効
  • アダルト対応サーバーもキャンペーン対象
  • 規定在庫がなくなり次第、クーポン提供を終了させていただく場合あり
▼WordPressの始め方はこちら▼ 【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説 >>【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説