ブログの始め方から
収益化までを徹底解説

 

【徹底検証】Web制作がオワコンと言われる4つの理由!稼ぎ続ける3つのポイントを紹介

Web制作がオワコンと言われる理由

「どうしてWeb制作はオワコンなの?将来性はないのかな?」
「今からWeb制作を学んでも遅いのではないか不安」
「せっかく勉強しても仕事はない?稼げる方法が知りたい」

副業やフリーランスへの道を考え、Web制作に興味をもつ方が増えてきています一方で「Web制作はオワコン」というネガティブな情報を目にし、取り組むべきか不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では

  • Web制作の将来性
  • Web制作がオワコンと言われる理由
  • 稼ぎ続けるためのポイント
  • 稼げない人の特徴

について解説します。これからWeb制作を始めようか迷っている方は必見の内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

Blog(https://www.proof0309.com/)  Twitter(@namakemono0309

 

Web制作オワコン説はウソ!将来性を解説

Web制作オワコン説はウソ

まずは、Web制作の現場事情について解説します。

  1. Web制作の現場事情
  2. Web制作の将来性

広告費のデータをもとに「Web制作オワコン説」を検証したので、ぜひ参考にしてみてください。

1. Web制作の現場事情

2022年現在、Web制作の現場は「スキルが低い人材は飽和」「高いスキルのある人材は不足」している状況です。このような状況には、以下の理由が考えられます。

  • ツールの進化により未経験でも始めやすくなった
  • 働き方改革の動きによる副業ブームの影響
  • コロナ禍でフリーランスが増加

実際に、Web制作の受発注ができるクラウドソーシングでは、未経験者を対象とした案件が増えています。そのため単価が低い案件が増えて、条件の良い案件に応募が集中するという状況です。

一方で、マネジメントスキルやハイレベルなWeb制作技術をもつ方は非常に少ないため「高単価でもお願いしたい」と考えている発注者は多くいます。

2. Web制作の将来性

集客を行う企業や店舗にとって、自社のWebサイトは欠かせません。急速なデジタル化に伴い、Web制作の需要はますます高まりを見せています

実際に、インターネットは「マスコミ四媒体」と言われるテレビメディアや新聞などの広告費を上回っている状況です。

株式会社電通の調査「2021年日本の広告費」ではインターネット広告費が2兆7,052億円となり、1996年に調査が始まって以来、最も大きい市場へと成長しているとわかりました。

このようなデータから、Web集客やホームページなどのインターネット広告にお金をかける企業が増えていることがわかります。したがって、Web制作の需要は高く将来性は十分あると言えます。

Web制作がオワコンと言われる4つの理由

Web制作がオワコンと言われる理由

「現代はネット社会なのに、どうしてWeb制作はオワコンと言われているの?」と気になる方が多いのではないでしょうか。

ここでは、Web制作がオワコンと言われている理由を解説します。

  1. ツールの進化
  2. ライバルの増加
  3. 低単価で消耗する
  4. 労働環境が悪い

未経験の方にもわかりやすいように、専門用語なしで解説するのでしっかりと確認しておきましょう。

1. ツールの進化

近年は、ツールの進化により業務の効率化が進められています。このまま技術が発展するとWeb制作に高いスキルや専門性が必要なくなり、ツールで代替できるようになる可能性があると考えらえています

実際に「NoCodeツール」が登場し、初心者でもWebサイトを立ち上げるハードルがグッと低くなりました。NoCodeとは、プログラミングに必要なコーディングスキルがなくても、Webサイトやアプリが開発できるツールを指します。

例えば、国内で最も使われているコンテンツ管理システムの「WordPress」もNoCodeに分類されています。ツールを使ってデザインが簡単にできるようになったら、Webデザイナーの需要が減るかもしれません。

このようなツールの進化により、今後は「自分でWebサイトをつくる人が増えるのでは?」という懸念から、Web制作者はオワコンと言われています。

2. ライバルの増加

実は働き方が多様化している背景も、Web制作がオワコンと言われる理由の1つです。実際に、コロナ禍や働き方改革により、フリーランスや副業でWeb制作している方が増加傾向にあります。

フリーランス人口は1,577万人であり、2015年に調査を開始してから640万人増加しています。また、全体の会社員の21.6%が「副業・兼業をしている」こともわかりました。

初期投資がほとんどかからず、未経験者でも始めやすいWeb制作は、参入者が増え仕事の取り合いがおきています。

そのような状況下で、ライバルが多くなかなか仕事が受注できない方が増えることで「Web制作はオワコン」と言われるようです。

参照元:ランサーズ「新・フリーランス実態調査 2021-2022年版

3. 低単価で消耗する

Web制作の案件が増えているのは事実ですが、それ以上に受注希望者が増加しています。Web制作の参入者の増加に伴い、高単価の案件は競争率が高くなります実際に、クラウドソーシングサイトでは1つの案件に50名程の提案者が集ることも。

そのため、クラウドソーシングでは以下のような悪循環がおきています。

  • 仕事が受注できない
  • 低単価で仕事を請け負う方が増える
  • クライアントがさらに低単価で仕事を発注する
  • 受注者が低単価で消耗する

低単価で消耗している初心者が「Web制作はオワコン」と感じているようです。

4. 労働環境が悪い

Web制作に携わるIT業界に就職した場合、労働環境の悪さがオワコンと言われる理由になるケースがあります。

特に、社員数が少ない小規模のWeb制作会社は、残業時間が長く労働環境が悪い場合が多いと言われています。なぜなら、下流工程ほど利益率が低くなるため、給与が安く労働環境の悪化を招きやすいからです。

そのため、今後Web制作に就職を考えている方は、応募前や面接時に「残業の有無や仕事内容」をしっかりと確認することをおすすめします。

Web制作で稼ぎ続けるための3つのポイント

Web制作で稼ぎ続けるためのポイント

オワコン人材にならないために何をしたら良いのか、気になる方が多いのではないでしょうか。ここでは、Web制作で稼ぎ続けるためのポイントを3つ紹介します。

  1. 提案力・営業力を高める
  2. 複数のクライアントを持つ
  3. 上流工程の仕事に携わる

必要なスキルも詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 提案力・営業力を高める

プログラミング言語を用いたコーディングやWebデザイン以外にも、売り上げを伸ばすための仕事はあります。Web制作で稼ぎ続けるためには、幅広く仕事を受注することが大切です。

提案力や営業力を磨けば、幅広く仕事を巻き取ることができ、収入アップが期待できます。以下のスキルを身につければ、クライアントに対してより魅力的な提案ができます。

  • SEO対策
  • SNS運用
  • Webマーケティング など

クライアントに積極的に提案できるよう、幅広いスキルを身につけておきましょう。

2. 複数のクライアントを持つ

安定した収入を得るためには、信頼関係を築いた複数のクライアントとの契約をおすすめします。特にフリーランスの方は、クライアントを1つに絞ると、突然受注がストップしてしまうリスクがあります。

発注がなくなるリスクを考えて、複数のクライアントと契約しておくと安心です。複数のクライアントと契約することで、以下のようなメリットがあります。

  • 収入が安定する
  • 単価交渉しやすい
  • 新しい仕事ができる可能性がある
  • 仕事の選択肢が広がる

ただし、クライアントの信頼を得ることが大前提です。「納期は守る」「質問に丁寧に回答する」など、日々のコミュニケーションを大切にして、信頼関係を築いていきましょう。

3. 上流工程の仕事に携わる

Web制作では、上流工程の仕事に携わるほど高収入となります。実際に高いスキルがある人材は、プロデューサーやディレクターなど上流工程の仕事に携わっています

Web制作の現場は、高いスキルを持っている方が圧倒的に少ないのが現状です。そのため、スキルを磨いて「求められる人材」になれば、単価はさらに上がり年収アップが期待できます。

受注が途切れないフリーランスとなれば、年収1,000万円も夢ではありません。コツコツと実績を積み上げ、上流工程の仕事に携わることで稼ぎ続けられる可能性が高くなります。

Web制作で稼げない人の4つの特徴

Web制作で稼げない人の特徴

ここでは、Web制作で稼げない人の特徴を解説します。

  1. 作業量が足りない
  2. 直営業していない
  3. 継続案件に繋げられていない
  4. 自己PRができていない

解決方法も紹介するので、しっかりとチェックしておきましょう。

1. 作業量が足りない

Web制作は、稼げるようになる前に挫折してしまう方が非常に多いです。特に、初心者がWeb制作で稼げない理由として「作業量が足りない」ことが挙げられます。

実際に、1日に1時間程度しか作業しないで、3ヶ月も経たずに「Web制作はオワコン」と諦めてしまう方がいます。

ただ一方で「挫折者が多い」ということは、学習を継続しコツコツとスキルを身につけ実績を積めば、ライバルは自然と少なくなるということです。まずは、継続できる環境をつくって作業を継続しましょう。

なお、未経験からWeb制作を仕事にするまでの流れは「【徹底解説】未経験からWeb制作を仕事にするまでの5ステップ!必要な3つのスキルを紹介」にて詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。

2. 直営業していない

Web制作で稼げない人の中には、クラウドソーシングでしか仕事を受注していないケースがあります。クラウドソーシングでは、直接契約と比較して単価が安い上に手数料の負担があるため、高収入を得るのは難しいです。

一方で、直営業で受注した案件は、企画から納品まで自分自身で行うため収入アップが期待できます。

また、クオリティの高いサイトを納品することで、継続的に仕事を受注できる可能性が高まる点も魅力です。そのため、ある程度の実績ができたら、収入アップが期待できる「直営業」にチャレンジしてみましょう。

なお、仕事の受注方法やクラウドソーシングについては「【初心者必見】Web制作の副業に必要なスキルや仕事の取り方3選!稼げない人の3つの特徴も紹介」にて詳しく解説しています。直営業の方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

3. 継続案件に繋げられていない

「1:5の法則」というマーケティング用語をご存知でしょうか。新規の顧客を獲得するには、既存顧客の5倍もコストがかかるという法則です。

実際になかなか案件が継続できない場合、常に次の案件を探したり「提案文」を考えたりと、時間と手間がかかります。つまり、案件を継続することで作業時間を確保でき、結果として高収入に繋がります。

継続的に仕事を受注するには、クライアントに「一緒に仕事がしたい」と思ってもらうことが大切です。継続案件が受注できない方は、以下のようなポイントを意識することをおすすめします。

  • 連絡をすぐに返す
  • 納期を必ず守る
  • プラスの提案を行う
  • クオリティの高い作品を納品する など

クライアントの信頼を得て、継続的に案件がもらえるよう努めましょう。

4. 自己PRができていない

スキルを身につけても案件が受注できない方は、上手く自己PRができていない可能性が考えられます。Web制作の案件を受注するためには、ポートフォリオが必須です。

プロフィールや自分の強みなどをのせて、スキルや実績をしっかりとアピールしましょう。また、自己PRのためにSNSを使って積極的に発信したり、ブログを運営したりするのもおすすめです。

WordPressでブログを運営すれば、制作スキルのアピールもできるので、受注できる仕事の幅がグッと広がります。WordPressの案件は非常に多いので、ブログを運営しながらしっかりと学んでおきましょう。

ブログを開設する際は、月額1,000円前後で手軽に利用できるレンタルサーバー「カラフルボックス」がおすすめです。

なお、ブログの解説方法は「【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説」にて詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

サーバー料金25%OFF&ドメイン永久無料

サーバー料金25%OFF&ドメイン永久無料

・サーバ料金25%OFFクーポン

1年以上のご契約に限りクーポンコード「SERVER25」を入力すると利用料金25%OFF(BOX1は対象外)
※クーポンコードの使い方(1)サーバーの30日間無料お試しを申込む → (2)サーバー詳細画面の「アップグレード/ダウングレード」から本契約(12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月のみクーポン適用)を行う → (3)「プロモーションコード」にコードを入力し「コードの認証」進む。特別価格が適用

・ドメイン永久無料

対象ドメインは「 .com / .net / .org / .info / .biz / .tokyo / .xyz / .club 」の8種類
レンタルサーバーBOX2〜8プランを12ヶ月以上の年間契約いただくことにより初回利用料金が25%OFFになり、8種類の独自ドメインの新規登録・移管・更新を永久無料でご利用可能
※注意事項
他のプロモーションコード(クーポンコード)との併用は不可
次回更新以降は通常料金
更新やプラン変更等、既に契約済のサービスには利用不可
サーバーアカウント毎に1回限り有効
アダルト対応サーバーもキャンペーン対象
規定在庫がなくなり次第、クーポン提供を終了させていただく場合あり
>>ドメイン永久無料詳細はこちら
▼WordPressの始め方はこちら▼ 【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説 >>【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説