カラフルボックスがお届けする
情報メディア

【必見】ブログ運営をする上での失敗しないドメインの選び方【独自ドメイン一択】

「ブログを立ち上げるのに独自ドメインが良いって聞いたけどなんで?」

「そもそもドメインって何?」

「失敗しない正しいドメインの選び方を知りたい!」

これ、ブログを始めるときに、必ずぶち当たる壁ではないでしょうか?せっかく記事を書こうと思ったのに、準備段階で難しそうな言葉が出てくると、モチベーションが下がりますよね…私もブログを立ち上げた頃はWebの知識が0だったので、とても億劫でした。

しかし、ドメインの基礎知識を理解することは大切です。特にドメインは一度取得してブログ運営を始めてしまうと後から変更するのが難しいです。

そこでこの記事では

  • そもそもドメインとは何か
  • 独自ドメイン&共有ドメインのメリット・デメリット
  • 独自ドメインの正しい決め方
  • 費用
  • 取得方法

をわかりやすく解説しています!この記事を見ればドメインに関する不安は全て解消されるので、これからブログを立ち上げたい方は必見です!

Blog(https://www.proof0309.com/)  Twitter(@namakemono0309

ドメインとは?30秒でわかりやすく解説

ドメインとは?

ドメインとは、ブログの住所にあたるもの。簡単に言うとURLの一部です。当メディアなら「https://www.colorfulbox.jp」の中の「colorfulbox.jp」がドメインとなります。

ドメインはさらに2つにわけられます。

  • 独自ドメイン
  • 共有ドメイン

独自ドメインは、名前の通り自分の好きな文字列を使える有料のドメインです。世界中で同じ文字列を使っている人はおらず、自分だけが使えます。

一方で、共有ドメインは複数の人で使うもの。無料ブログやレンタルサーバーから付与されるのはすべて共有ドメインです。

たとえば、アメブロのURLは「https://ameblo.jp/◯◯◯/」となります。◯◯◯の部分は自由に設定できますが、「ameblo.jp」というドメインは全員共通です。

名前の制限以外にも、独自ドメインと共有ドメインには大きな違いがあります。先に結論から言うとこれからブログを始めるならば、おすすめは独自ドメインです。

その理由を探るために次に独自ドメインと共有ドメインのメリット・デメリットを徹底解説します。

独自ドメインのメリット・デメリット

独自ドメインのメリット・デメリット

まずは、自由な文字列を設定できる独自ドメインのメリット・デメリットを解説します!

独自ドメインのメリット

独自ドメインのメリット
  1. URLをオリジナルで作れる
  2. サイトの信頼性が高い
  3. サイトが消滅するリスクがない
  4. ルールに縛られずサイト運営できる

独自ドメインは自分の好きな文字列を選べるので、読者から覚えてもらいやすくなります。また、無料で取得できる共有ドメインを使っているサイトに対して、周りから見たときの信頼度が高いのも特徴です。

独自ドメインのデメリット

独自ドメインのデメリット
  1. 維持費がかかる
  2. 最初にドメインとサーバーの紐付けが必要

独自ドメインの場合、契約料と更新料がかかります。ブログ初心者からすると、出費を抑えたいと思うので少し痛手ですよね。

とはいえ、かかる費用も年間で数百円ほど。長く続けるならば自由度の高い独自ドメインではじめてしまうほうがおすすめです。途中でサイトを引っ越しすることもできますが、それこそ費用がかかります。

その他のデメリットとして、最初にサーバーとドメインを紐付ける手続きが必要です。しかし、設定は最初の1回だけですし、わかりやすいマニュアルを揃えているところも多くあるので心配する必要はありません!

 

またカラフルボックスの「快速セットアップ」を利用すればサーバーとドメインの取得及び紐付けが一括で設定できます。

▼WordPressの始め方はこちら▼ 【10分で完了】日本一簡単なWordPressブログ始め方マニュアル【サルでもわかる】 >>【10分で完了】日本一簡単なWordPress始め方マニュアル【サルでもわかる】

共有ドメインのメリット・デメリット

共有ドメインのメリット・デメリット

次に、共有ドメインのメリット・デメリットも紹介していきます。

共有ドメインのメリット

共有ドメインのメリット
  1. 無料
  2. 難しい設定無しで使える

共有ドメインは無料で使えるので、初期費用がかからないのがメリット。また、特殊な設定がいらないので、とりあえずブログを始めてみようかと思った方には手軽ですね。

ただし、デメリットも大きいので、よく比較することをおすすめします。

アメブロ、はてなブログ、livedoorブログなどを利用してブログ運営を行うと、この共有ドメインを使うことになります(有料課金をすることで独自ドメインで運営できるサービスもあります)

共有ドメインのデメリット

独自ドメインのデメリット
  1. サービス終了したときにサイトが消える
  2. サービス提供者のルール内で運営する必要がある
  3. サーバーの引っ越しが大変

共有ドメインを使うと、利用しているサービスが終了したときにあなたのブログ自体が消えてしまう可能性がありますまた、サービス提供者が決めた利用規約を無視することができません。

例えば、あなたがアメブロでブログを始めたとしましょう。しかし、ある日アメブロを運営している会社が潰れてしまったら、あなたのブログも消えてしまうかもしれません。
しかも、アメブロは利用規約に反する記事を勝手にドンドン消してしまいます(笑)

また、共有ドメインではじめたブログの場合、サーバーを移行するとデータを動かすのが大変なところもデメリットです。

なので、ブログで収益を得たい方や、ルールに縛られず自由に発信をしたいと思っている方は独自ドメインの方が向いています。

独自ドメインの費用

独自ドメインの費用

登録料 更新料金(年)
.com 700〜1,300円 1,200〜3,500円
.net 1,160〜1,500円 1,300〜3,600円
.org 1,200〜1,500円 1,500〜3,600円
.xyz 30〜100円 1,500円程度
.jp 2,300〜2,800円 2,500〜3,100円

独自ドメインの場合、登録費用と2年目以降の更新料が必要です。なお、料金は「.com」や「.jp」など、ドメインの末尾の部分(=トップレベルドメイン)によって変わってきます。

ざっくりと、費用の目安を示します。

ドメインを取得する会社やキャンペーン時期により料金は多少変動しますが、おおむね年間1,000〜3,000円と思っておけば良いでしょう。

独自ドメインの決め方

独自ドメインの決め方

ドメインを決めるときは、3つのことを意識しましょう。

  1. ブログのタイトルと同じにする
  2. 自分の名前と同じにする
  3. ジャンルやキーワードを入れる

これらに当てはまるブログは、ユーザーに覚えてもらいやすくなります。指名検索をしてもらえる機会がふえ、直接アドレスバーにURLを打ち込んでもらえることも。

読まれるブログを作るためには、名前をつけるところから意識しておくと良いでしょう。詳しくは以下の記事で解説しています。

 

▼ブログのドメインの決め方▼
>>【必見】失敗しないブログのドメインの決め方3つの法則【SEOとの関連性も解説】

おすすめの独自ドメインの取得方法3選

おすすめの独自ドメインの取得方法

独自ドメインを取得しようと思っても、どこのサービスがいいのか悩みますよね。そこで、おすすめの独自ドメインの取得方法を4つ紹介します。

  1. バリュードメイン
  2. お名前.com
  3. ムームードメイン

各社、取り扱っているトップドメインの種類が違います。また、価格以外のサービスでも差別化していることも。それぞれの特徴を理解した上で、選ぶようにしましょう。

1. バリュードメイン

 バリュードメイン

2002年に事業開始した老舗のドメイン管理会社です!

  • 国内最安値級の提供価格
  • 取り扱いTLD数が非常に多い
  • システムの柔軟度が高い
  • コンパネの表示が速い

料金体系がシンプルで管理画面も使いやすいことが大きな特徴です。WHOIS代行などによるオプション料金も一切発生しないのも嬉しいところ。

これからブログを始める人にはおすすめのドメイン管理会社です。

2. お名前.com

お名前.com

お名前.comは、登録実績が1,500万件以上で国内最大級のサービスです。

利用者が多いため、設定方法などの情報がたくさんweb上から見つかるのがメリット。複数ドメインを取得したときに管理しやすいのも特徴です。

ただし、オプション料金の部分が多いため、考えて選ばないと割高になることも。それに加えてかなり購入画面がわかりづらいので気づいたら不要なドメインも一緒に購入していたなんてこともあります。

また、広告メールもとても多いので要注意。

3. ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメインは、連携しているサービスが多いのが特徴です。

ロリポップやヘテムルといったレンタルサーバーのほか、ホームページ作成のグーペとも連動。サーバーからホームページ作成まで一貫できるように連携サービスがあります。全部のサービスを連動させたい方には合うでしょう。

デメリットは、電話のサポートがない点。直接話して質問することができないので、サポートの厚さを求める方はバリュードメインやお名前.comの方が向いています。

【絶対に確認】Whois情報公開代行を設定しないと危険

Whois情報公開代行

ドメインを契約するときは、必ずWhois情報公開代行を設定するようにしましょう。これを設定しないとあなたの個人情報が流出する危険性があります。

Whoisとは、ドメインの登録者に関する情報をインターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。つまり、ドメインを取得するとWeb上に、名前、住所などの個人情報が閲覧できるようになってしまいます。

個人情報をさらけ出すのはもちろん困りますよね。この情報を、ドメイン提供会社のものに変えて公開できるのがWhois情報公開代行です。

Whoisに個人や会社の情報が出てこなくなるので、必須のサービスと言えるでしょう。

契約のときに必ず同時申し込みするようにしてください。

こちらの設定もカラフルボックスの「快速セットアップ」を利用すればドメイン取得時に一緒に設定が可能です。

▼WordPressの始め方はこちら▼ 【10分で完了】日本一簡単なWordPressブログ始め方マニュアル【サルでもわかる】 >>【10分で完了】日本一簡単なWordPress始め方マニュアル【サルでもわかる】

独自ドメインを取得してWordPressを立ち上げるならカラフルボックスがおすすめ

カラフルボックスがおすすめ

ここまでブログを立ち上げるときに必要な、ドメインについてお話してきました。これからしっかりブログを作るならば、独自ドメインを取得してWordPressを導入するのがおすすめです。

せっかく記事を書くならば、資産として積み上がるほうが良いですよね?「独自ドメイン × WordPress」の組み合わせならば、突然ブログが消えることもなく信頼性の高いサイトを作れます。

そして、ドメインを取得するときにおすすめなのがカラフルボックス誰でも最速でWordPressの立ち上げが出来る快適セットアップがついているので、Webの知識に自信がない方も安心です。

30日間の無料体験プランもあるので、気になる方はお試しで使ってみるのをおすすめします。

WordPressでブログを初めるならカラフルボックス一択

  • 即時変更OK!選べる8つの料金プラン
  • 誰でも最速でWordPressの立ち上げができる「快速セットアップ」あり
  • 30日間の無料体験プランあり
  • マニュアルが画像が多くてわかりやすい
  • LiteSpeedでサイトの表示速度を最速へ
  • 操作が直感的にわかりやすいcPanelを採用
  • 14日間の無料バックアップ付き

▼WordPressの始め方はこちら▼ 【10分で完了】日本一簡単なWordPressブログ始め方マニュアル【サルでもわかる】 >>【10分で完了】日本一簡単なWordPress始め方マニュアル【サルでもわかる】