ブログの始め方から
収益化までを徹底解説

 

【徹底解説】WordPressテーマ「Diver」のメリット&デメリット!口コミ評判も紹介

DIVERのメリット・デメリット口コミ評判

「DiverってJINやSANGOほど有名じゃないけど、どんなテーマ?」
「初心者向けじゃないって本当?」
「ちょっと値段が高額だけど、それ以上の価値があるの?」

WordPressテーマ「DIVER」は、高品質高機能を実現し、内部SEO対策が整っているアフィリエイト向けのテーマです。最初の設定に時間がかかりますが、その分オリジナリティのあるサイトを運営できます。

なお、Diverは得られるメリットが多いテーマですが、ブロックエディタにはまだ対応途中という印象です。人によってはデメリットになる部分なので、機能をよく理解してから購入しないと後悔するかもしれません。

そこでこの記事では、Diverについて以下の点を紹介します。

  • Diverの概要
  • 購入するメリット・デメリット
  • 口コミ・評判
  • Diverが向いている人・向いていない人

Diverの購入で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

執筆者:沖ケイタ
株式会社沖プロ代表。ブログ歴8年。ブログ収益の累計は数千万円以上。過去に100人以上のブログ初心者の相談に乗った経験あり。1600人以上が受講するWebライター向け講座「Writing Hacks」のメイン講師。
X(旧:Twitter):@namakemono0309(フォロワー:47,000人)
ブログ:https://www.proof0309.com/
 

WordPressテーマ「Diver」とは?30秒でサクッと解説

「DIVER」とは

テーマ名 Diver
価格 17,980円(税込)
複数利用
(本人所有サイト)
可能
第三者利用
(制作代行)
不可
(特別ライセンスの購入が必要)
開発・販売 高木貴人氏

Diverは、Webデザイナー2名、システムエンジニア2名によって開発されたWordPressテーマです。「サイト運営やサイト制作」「アフィリエイトプログラムの開発」など多くの事業に携わり、アフィリエイトの内部を知り尽くしているメンバーによって開発されました。

そのため、アフィリエイトに強い仕組みが整っているのがDiverの強みです。カスタマイズ性が高く、ユーザビリティを意識したオリジナル機能が用意されています。

なお、Diverは一度購入すれば複数サイトでの利用が可能です。しかし、制作代行は「Diver特別ライセンス」の購入が必要なのでご注意ください。

Diverを購入する8つのメリット

DIVERを購入するメリット

まず、Diverを購入することで得られるメリットを8つ紹介します。

  1. 収益化しやすい機能が充実
  2. カスタマイズ性が高い
  3. Diver独自の入力補助機能が便利
  4. 内部SEO対策が整っている
  5. Google AdSenseの設定が簡単
  6. サポートが手厚い
  7. 複数サイトで利用可能
  8. アダルトサイトで利用可能

収益化を目指す人にとって大事な部分なので、すべて確認しておきましょう。

1. 収益化しやすい機能が充実

DIVERの機能

Diverには、初心者でも使いやすい機能が多く備わっています。なかでも収益化につながりやすくするために、以下のような機能が搭載されているのが特徴です。

収益化につながる機能
  • CTA
  • LP
  • ランキング
  • アピールブロック
  • 共通コンテンツ

ランキングやアピールブロックを使えば、強化したい広告を目立たせることができます。ただし、アフィリエイトでやりすぎは逆効果です。自然な流れで誘導できるように、文言などを意識してみましょう。

2. カスタマイズ性が高い

DIVERのカスタマイズ性

Diverは、カスタマイズ性が高いテーマです。オリジナリティのあるオシャレなサイトが作れます。

ファーストビュー設定でトップページをカスタマイズすれば、簡単にサイト風デザインが完成です。写真やイラストだけでなく、YouTube動画も設定できます。

3. Diver独自の入力補助機能が便利

DIVER入力補助

Diverには、記事の作成に便利な独自の入力補助機能が用意されています。

Diverの入力補助機能
  • レビュー
  • 口コミ
  • ランキング
  • 横棒グラフ
  • Q&A
  • アイコンボックス など

アフィリエイトをするうえで役立つ機能が整っているため、商品を紹介しやすい点がメリットです。見出しやボタンデザインの種類も豊富で、オリジナリティのある記事を簡単に作れます。

4. 内部SEO対策が整っている

SEO対策が強化されている点も、Diverの魅力です。プラグインを入れなくてもnoindex設定やメタディスクリプション設定ができる点は、ほかのテーマとは異なる嬉しいメリット。プラグインを導入する面倒な手間が省けます。

また、Diverではカテゴリーページのメタディスクリプションも設定できます。読者やクローラーの回遊率を高めるためにも、カテゴリーページを活用しましょう。

5. Google AdSenseの設定が簡単

DiverはGoogle AdSenseの設定もしやすく、表示させたい場所を以下のように細かく指定できます。

  • 投稿内上部
  • 最初のH2の直前
  • 2番目のH2直前
  • 3番目のH2直前
  • 投稿内下部
  • moreタグ

moreタグを設定しておくと、記事内の好きなところにワンクリックで広告を設定できるので便利です。また、広告サイズを以下のように、場所ごとに指定できます。

  • レクタングル(ダブル)
  • レクタングル(シングル)
  • バナー
  • 個別設定

アドセンス広告をここまで細かく設定できるのはDiverならではの機能です。記事ごとに非表示にすることもできるため、キーワードごとにカスタマイズしましょう。

6. サポートが手厚い

Diverの大きな魅力は、個別の無料相談サポートが手厚いことです。個別相談なので、最初は少し勇気がいるでしょう。しかし、調べても分からないことをそのままにしておくのは、時間がもったいないです。

さらにDiverは「購入者一人ひとりのこだわりや好みに合わせ、カスタマイズ方法まで相談にのってくれる」という優れたサポート力があります。カスタマイズまで個別サポートしてくれるテーマはなかなかないので、サイト運営者にとっては心強いでしょう。

7. 複数サイトで利用可能

サイト運営に慣れてくると、複数サイトの運営を始める人も多くいます。Diverなら、一度テーマを購入すれば複数サイトで利用可能です。(※購入者本人が運営するサイトのみ)

サイトごとにテーマを変えるのも良いですが、仕様や機能が異なるため、できれば同じテーマを利用するのが効率的。Diverのようにハイスペックな有料テーマを使い回せるのは、複数サイトの運営者にとって嬉しいメリットでしょう。

8. アダルトサイトで利用可能

Diverは、アダルトサイトでの利用を許可しているWordPressテーマの1つ。「アクセス数が伸びた」「初心者でもプロ並みのデザインを実現できる」などの理由で、アダルトサイトを運営する多くの人に”おすすめテーマ”として紹介されています。

アダルトサイトといっても、その内容やジャンルは多岐にわたります。”稼ぎやすい”と言われているアダルトサイトの運営に興味がある人は、「【最新】アダルトブログの作り方と収益化の方法4選!注意すべき利用規約も徹底解説」の記事も読んでみてください。

Diverを購入する3つのデメリット

DIVERのデメリット

Diverのデメリットは、以下の3つです。

  1. ブロックエディタ向けの機能が少ない
  2. 初期設定に時間がかかる
  3. 価格がやや高い

購入してから後悔しないように、必ず確認しておきましょう。

1. ブロックエディタ向けの機能が少ない

ほとんどのテーマがブロックエディタに完全対応しつつある中で、Diverはまだ対応途中です。2022年2月時点でクラシックエディタ向けの入力補助機能は23種類、ブロックエディタ向けは11種類と、大きな差があります。

ブロックエディタで記事を書くなら、ほかの有料テーマのほうが機能が揃っているものが多いです。公式サイトでは「利用率の高い補助機能を優先的に実装している」と記載があるので、今後機能が増えていくかもしれません。

なお、クラシックエディタのサポートは近いうちに終了すると言われています。

Classic Editorは公式なWordPressプラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。
WordPress.org/プラグイン(クラシックエディタ)

Diverの対応が今後どのように進んでいくのか、定期的に公式サイトでチェックしましょう。

2. 初期設定に時間がかかる

Diverは、初期設定に時間がかかります。初心者であるほど、最初のカスタマイズで苦戦するかもしれません。

なお、カスタマイズや設定方法などの使い方に関する情報は、Diver公式サイトに記載されています。初心者にとっては少し大変な作業ですが、他とは被らないオリジナリティのあるサイトにするために、色々試してみることも大切です。

また、他のテーマではデザイン済みのデータを無料で配布しているところもあります。デザインに悩まずにサクッと記事を書き始めたい人は、Diver以外のテーマを検討するのが良いでしょう。

3. 価格がやや高い

Diverは、WordPressの有料テーマの中で価格がやや高めです。利用者が多いほかの有料テーマと比べると、以下のような違いがあります。

テーマ名 価格(税込)
SANGO 11,000円
AFFINGER6 14,800円
JIN 14,800円
SWELL 17,600円
Diver 17,980円

内部SEO対策や個別サポートが整っているので、このような価格設定は仕方ないのかもしれません。あまり費用をかけたくない人にとっては、デメリットになる部分です。

Diver利用者の口コミ・評判

DIVERの口コミ

実際にDiverを使っている人の口コミ・評判をまとめました。良い口コミと悪い口コミに分けて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 良い口コミ

  • アクセス数が伸びた
  • 収益化できた
  • サポート力が素晴らしい

高機能であることを裏付けるような、声が多くありました。収益化を目指す人にとって、励みになる口コミですね。

2. 悪い口コミ

  • スピードが遅い
  • 初心者には難しい

Diverは高速化を売りにするSWELLのようなテーマに比べると、サイトスピードはやや遅めです。しかし、致命的に遅いというわけではありません。また「初心者にはちょっと難しい」というのも、Diverの利用者に多い意見です。

WordPressテーマでDiverが向いている人

DIVERが向いている人

メリットをまとめると、WordPressテーマでDiverが向いているのは以下のような人です。

  • 自分でカスタマイズしてサイトを作りたい
  • SEO対策が整ったテーマを使いたい
  • 収益化に強いテーマを使いたい

カスタマイズに時間がかかるので中級者向けと思われがちですが、公式サイトなどで調べれば必要な情報は得られます。個別相談もできるので、初心者でも利用しやすい環境が整っている点が特徴です。

WordPressテーマでDiverが向いていない人

DIVERが向いていない人

反対にデメリットをまとめると、WordPressテーマでDiverを選ばないほうが良いのは、以下のような人です。

  • 豊富な機能が揃ったブロックエディタを使いたい
  • デザインに時間をかけず、サクッと記事を書きたい

特にブロックエディタに関しては、今後どのような変更点があるのか注意して見ていかなければならない部分です。ブロックエディタの機能を重視するなら、Diverの機能で満足できるか確認してから購入を決めましょう。

【4月30日まで】WordPress移行応援キャンペーン!
「BOX1 : 40%OFF」「BOX2〜BOX8 : 50%OFF」&ドメイン永年無料

サーバー初回料金割引&ドメイン永年無料

1. サーバーBOX1「40%OFF」

初心者や小規模サイト運営に最適なBOX1プランを初回利用時40%OFFでご提供

2. サーバーBOX2〜BOX8「50%OFF」+ ドメイン永年無料特典

BOX2 〜 BOX8プランを、初回利用時50%OFFでご提供
他社からカラフルボックスへのドメイン移管手数料無料の「ドメイン永年無料特典」もご利用可能

※対象ドメインは「 .com / .net / .org / .info / .biz / .jp 」の6種類
※注意事項
他のプロモーションコード(クーポンコード)との併用は不可
キャンペーン中にサーバー契約(12ヶ月以上)で、WordPress移行無料代行を1回利用可
WordPress移行代行はスケジュールを押さえて進め、予告なくの受付終了あり
お客様都合で日程調整ができない場合、申込み取消しあり
環境により移行できない場合あり

WordPress移行代行サービス無料

WordPressサイトの移行をサポートするため、専門スタッフによる移行代行サービスを無料提供

>> WordPress移行応援キャンペーンはこちら

▼WordPressの始め方はこちら▼ 日本で一番簡単なWordPress始め方マニュアル【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説 >>【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説