ブログ・WordPressの始め方から
収益化までを徹底解説!

【断言】アダルトサイトはWordPressで作るべき3つの理由をプロが徹底解説

「WordPressでアダルトサイトを作っても大丈夫?」
「デメリットや注意点はある?」
「アダルトサイトはWordPressで作ると稼ぎやすい?」

アフィリエイトで稼げるイメージのあるアダルトサイトですが、運営するにあたっては禁止事項が多いです。知らずに始めて、規約違反でサイト閉鎖に追い込まれてしまう方も少なからずいます

結論から言うと、できるだけ制限を受けずに運営するにはWordPress一択です。ただし、WordPressで開設する場合も、レンタルサーバーやデザインテーマがアダルト対応かどうかは確認しなければなりません。

そこで本記事では、WordPressでのアダルトサイト運営について、以下の内容を紹介します。

  • アダルトサイトにWordPressがおすすめな理由
  • アダルト対応のレンタルサーバー
  • 無料ブログ VS WordPressの徹底比較
  • アダルト利用OKなWordPressテーマ
  • WordPressの始め方

この記事を読めば、アダルトサイト開設で注意するべき点がわかります。せっかく作ったサイトが規約違反で閉鎖になってしまわないように、ぜひチェックしてください。

Blog(https://www.proof0309.com/)  Twitter(@namakemono0309

 

アダルトサイトも運営可能なWordPressとは?

WordPressとは全世界の約43%のWebサイトで使われているCMS(コンテンツマネジメントシステム)のことです。

CMSとはざっくり解説すると「プログラミング知識がない人でも簡単にWebサイトやブログを構築できるシステム」のようなものです。

このCMSのおかげで、私たちは0からコードを書くことなく簡単にブログを立ち上げることができます。その中でも圧倒的な人気を誇るのが、ここで紹介するWordPressです。

実際に有名ブログから大企業のメディアまで多くのWebサイトがWordPressで構築されているので、初心者の方にも断トツでおすすめです。

アダルトサイト運営にWordPressがおすすめな3つの理由

アダルトサイトを運営する目的がマネタイズなら、WordPressでサイトを作るのがおすすめです。WordPressなら以下3つの理由により集客しやすく、結果的に稼ぎやすくなるからです。

  1. SEOに強い
  2. テーマが豊富で簡単におしゃれなサイトが作れる
  3. アフィリエイトに適したプラグインが豊富

詳しく解説していきます。

1. SEOに強い

SEOとは簡単に言うと、Googleなどの検索結果で上位表示させるための施策です。アダルトサイトの収益化においてSEOが重要な理由は、主に2つあります。

  • サイトを見つけてもらえないとクリックもされないから
  • 検索ユーザーがサイト内で商品購入や申込みをするから

サイトを作っただけでは誰にも存在を知られていないので、見てもらえません。そこでアクセス数を伸ばすための手段として有効なのが、検索結果で上位表示させることです。

アメリカのSistrix社の調査によると、検索結果でクリックされる確率は1位が28.5%、2~3位が10%台と高く、10位以下は3%未満となっています。上位に入らなければ、ほとんど見られないと考えられるでしょう。

また、検索している人は何かを探しているので、求めているものがサイト内にあれば購入や申込みに至りやすい状態となっています。受動的にサイトに辿り着いた人よりも収益につながる可能性が高いので、検索流入に力を入れるべきということです。

したがって、アダルトサイトで稼ぐならまずはWordPressで上位表示を目指すのが得策です。WordPressがSEOに強い理由は、主に4つあります。

WordPressがSEOに強い理由
  • 独自ドメインを使える
  • SEO対策用のプラグインがある
  • 必要な設定が簡単にできる
  • SEOの情報が豊富

独自ドメインとは、自分だけのオリジナルのURLのことです。無料ブログでは独自ドメインを使えない場合が多く、たとえばアメブロではユーザー全員が「https://ameblo.jp/◯◯◯◯/」というドメインになります。

仕組み上、検索結果には同じドメインのサイトが2つ程度しか表示されないため、独自ドメインを使えることは有利になります。

また、見出しやカテゴリーなどSEOに必要な設定を自由にできるのもWordPressならではです。さらに、WordPressは利用者が多いのでSEOの情報も豊富で対策しやすいというメリットもあります。

サイトの集客方法やSEOについては「SEOの本質とブログで応用できる10の施策をプロが徹底解説」「ブログ集客のコツ9選と仕組みをプロが解説」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

2. テーマが豊富で簡単におしゃれなサイトが作れる

WordPressのテーマとは、デザインテンプレートのようなものです。テーマを切り替えるだけで簡単にサイトの見た目を変更できるのが、WordPressの特徴です。おしゃれなテーマが多く、初心者でも綺麗なサイトを作れます

では、なぜアダルトサイトでデザインを意識した方が良いかと言うと、理由は2つあります。

  • 綺麗なサイトは安心感があり購入につながりやすい
  • 見ていて疲れるサイトはユーザーが離脱する

アダルトサイトでは見た目がイマイチだと、怪しいサイトのように思われかねません逆に、外観が整っているだけできちんとしている感じがします。

サイト内で商品の購入や申し込みにつなげるためには、安心感を得られる見た目であることが大事です。デザインで不安にさせる必要はないでしょう。

また、パッと見でごちゃごちゃしているなど、見ていて疲れるサイトは閲覧されません。結果的に収益も伸びなくなってしまいます。これからアダルトサイトを作るのであれば、まずはデザインを整えるためにWordPressを使いましょう。

3. アフィリエイトに適したプラグインが豊富

プラグインとは、1クリックで機能の追加や仕様変更をできるオプションのことです。

WordPressは様々なユーザーを想定して標準装備はシンプルになっており、プラグインでカスタマイズする形になっています。

特に以下の5つのプラグインは、アダルトサイトのアフィリエイトに役立ちます

  1. Search Regex(文字列の一括変換)
  2. Redirection(301リダイレクト)
  3. EWWW Image Optimizer(画像サイズの自動圧縮)
  4. Broken Link Checker(リンク切れチェック)
  5. All in One SEO(SEO設定)

3-1. Search Regex(文字列の一括変換)

「Search Regex」はサイト内の文字列を一括で他の文字列に置き換えられるプラグインです。たとえば複数の記事で紹介している商品が廃盤になり、他の商品へ差し替えたい場合などに便利です。

3-2. Redirection(301リダイレクト)

「Redirection」は301リダイレクトを簡単に設定できるプラグインです。

サイトの引っ越しやページのURL変更をした場合に、古いURLから新しいURLへ転送をかけられます。古いページが受けている評価を引き継げるため、SEO対策としても外せません。

3-3. EWWW Image Optimizer(画像サイズの自動圧縮)

「EWWW Image Optimizer」は画像サイズを自動で圧縮してくれるプラグインです。

データが重いとサイトの表示速度が遅くなり、ユーザーが離脱する原因となります。写真などを多く使うアダルトサイトでは、必須で入れておくべきプラグインとも言えます。

3-4. Broken Link Checker(リンク切れチェック)

「Broken Link Checker」はリンク切れを検知してくれるプラグインです。URLの間違いや遷移先のページの削除によるリンク切れを見つけられます。

広告案件の終了などで無効となっているアフィリエイトリンクを発見できるため、機会損失を防げます。

3-5. All in One SEO(SEO設定)

「All in One SEO」はSEOの対策を簡単にできるプラグインです。

アクセス解析で必須のGoogle AnalyticsやGoogle Search Consoleとの連携ができます。また、カテゴリーや説明文の表示設定により、クリック率アップも狙えます。

その他、アダルトサイトを開設するなら最初に入れるべきプラグインを「【保存版】WordPressで最初に導入すべきおすすめプラグイン12選【必要最低限のみ】」で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

WordPressでアダルトサイト対応のレンタルサーバーを使おう

WordPressでサイトを作るにはサーバーが必要ですが、実は多くのレンタルサーバーではアダルトサイトの運営が禁止されています

許可されていないサーバーで運営すると規約違反となり、サイトが表示されなくなることもあります。サイト内で成人向けコンテンツを扱うなら、必ずアダルト対応のサーバーを使いましょう。

アダルトOKのレンタルサーバーには、当メディア運営のカラフルボックスとmixhostがあります。2社の違いを下の表にまとめてみました。

アダルトサイトOKのレンタルサーバー会社
カラフルボックス mixhost
比較プラン BOX2
(アダルト対応)
スタンダード
月額料金 968円〜 968円~
プラン数 7種類 5種類
プラン変更 即時
(UP / DOWN)
即時
(UPのみ)
SSD容量 300GB 250GB
CPU 4 4
メモリ 6GB 4GB
転送量 18TB/月 18TB/月
アダルト
無料期間 30日間 なし
(30日間 返金保証)
無料SSL
サポート ・メール
・チャット
・電話
(24時間OK)
・メール

(2021年10月時点)

カラフルボックスのおすすめポイント
  • 料金プラン変更がUP・DOWNともに可能
  • メモリ容量が多く表示速度が速い
  • 月額968円から利用可能

また、プラン変更についてmixhostでは料金アップのみが可能で、プランを下げることはできません。初めてアダルトサイトを運営するなら、PVや収益状況に合わせて柔軟にプランを変えられるカラフルボックスがおすすめです。

【徹底比較】アダルト対応の無料ブログ VS WordPress

WordPress ライブドア
ブログ
FC2ブログ
収益化
可能

可能

可能
SEO
独自
ドメイン

可能

可能

有料なら可
デザイン
機能
資産性 × ×

サイトを作るときに、WordPress以外の選択肢として挙がるのが無料ブログです。しかし、無料ブログでもアダルトNGのところは多いです。たとえば、はてなブログやアメブロは成人向けコンテンツを禁止しています。

あまり多くないですがアダルトOKの無料ブログもあり、代表的なのはライブドアブログとFC2ブログです。上の表では、ライブドア・FC2・WordPressの3つを比較してみました。

結論を言うと、アダルトサイト運営にはWordPressがおすすめです。表からもわかるように、どの項目においてもWordPressが優れているからです。

資産性とは「作成したコンテンツが残り続けて資産となるかどうか」という視点です。

無料ブログは、いつサービスが終了するかわからないというリスクがつきまといます。終了前にサイトを引っ越しできれば良いですが、作業前にデータが削除される可能性もゼロではありません。

また、SEO・独自ドメイン・デザイン・機能の4項目についてもWordPressが有利です。この4項目については、本記事内の「アダルトサイト運営にWordPressがおすすめな3つの理由」をご参照ください。

なお、収益化を行うこと自体は上の表の3つとも可能ではありますが、稼ぎやすさはWordPressが圧倒的に上です。その理由については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

アダルトサイトOKなWordPressテーマ3選

WordPressのテーマも、アダルトサイトでの利用が許可されているものを選びましょう。ここでは、有料・無料テーマの中からアダルトOKのものを3つ紹介します。

  1. Cocoon(無料)
  2. SANGO(有料)
  3. STORK19(有料)

順番に見ていきましょう。

1. Cocoon(コクーン)

テーマ名 Cocoon
価格 無料
複数利用
(本人所有サイト)
可能
第三者利用
(制作代行)
可能
デザイン ・シンプル
・カスタマイズ性が高い
その他 ・質問可能フォーラムあり

Cocoon(コクーン)は利用者が多く、無料テーマの中では一番人気と言っても過言ではありません。

標準のデザインはシンプルですが、その分カスタマイズ性が高くなっています。

おしゃれなボタン型リンクの作成や広告の挿入位置の設定など、アフィリエイトに役立つ機能も豊富にあります。

2. SANGO(サンゴ)

テーマ名 SANGO
価格 11,000円(税込)
複数利用
(本人所有サイト)
可能
第三者利用
(制作代行)
不可
デザイン ・装飾が豊富
・初心者でも
おしゃれに作れる
その他 ・利用者が多い

SANGO装飾デザインが数多く用意されており、初心者でもおしゃれなサイトを作れるテーマです。

有料テーマの中では利用者が多く、カスタマイズの仕方など、困ったときの情報が豊富にあります。

3. STORK19(ストーク19)

テーマ名 STORK19
価格 11,000円(税込)
複数利用
(本人所有サイト)
不可
第三者利用
(制作代行)
不可
デザイン 装飾用ボックスは
デザイン少なめ
その他 ・購入者数2万人以上
STORK19 はブロガーご用達の有料テーマで愛用者が多く、購入者数が2万人を超えています。

複数利用や第三者利用を行えない点がデメリットで、いくつもサイトを開設したい場合は、そのつどテーマを購入する必要があります。

WordPressの正しい始め方5STEP

WordPressの正しい始め方

まずWordPressの始め方の概要について解説します。WordPressの立ち上げ工程は大きく分けて5つ。

  1. サーバーの契約
  2. 独自ドメインの取得
  3. サーバーとドメインの紐付け(今回の方法では不要)
  4. WordPressのインストール
  5. SSL化する(今回の方法では自動的に設定される)

サーバー、ドメイン、SSL化という言葉に馴染みがない人も多いと思うので、それぞれの用語も簡単に紹介します。

レンタルサーバー:ブログを置く土地

サーバーとはあなたのブログを表示させる場所のようなものです。ブログを家に例えるなら「土地」に当たります。

土地がないと家も立てられないので、WordPressでブログを始めるなら必ずレンタルサーバーを借りる必要があります。

レンタルサーバーについて詳しく知りたい人は「レンタルサーバーとは?サーバー選びの注意点も解説」をお読みください。

また「本当におすすめなレンタルサーバーを7個だけ厳選して徹底比較」でおすすめのレンタルサーバーも紹介しています。

ドメイン:ブログの住所

ドメインとは超簡単に説明するとあなたのブログのURLに当たります。

正確に言うならURLの「https://」以降の部分です。僕のブログのURLが「https://www.proof0309.com」なので「proof0309.com」がドメインということになりますね。

ドメインはブログが家だとしたら住所のようなもので、WordPressを立ち上げる上で必要不可欠です。

ドメインについては「ドメインって結局なに?初心者の方にもわかりやすく解説!」の記事で詳しく解説しています。

SSL化:ブログのセキュリティレベルアップ

SSL化とは簡単に説明するとURLを「http〜」から「https〜」に変更することです。1文字しか変わってないように思われますが、SSL化を行うことでセキュリティがアップし、ブログ読者の安全性が増します。

また、Googleは「SSL化していないサイトを検索で上位表示しない」傾向にしていくことを発表しているので、必須の設定となります。

SSL化については「SSLってなんだろう?あなたにピッタリのSSL証明書は?」の記事で詳しく解説しています。

さらに詳細なWordPressの始め方については「WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説」で解説しております。必ずチェックしましょう。

【最短5分】WordPressブログの始め方を小学生でもわかるように解説

アダルトサイトはカラフルボックスがおすすめ

アダルトアフィリエイトおすすめサーバーのカラフルボックス
  • アダルトジャンルOK
  • アダルト専用IPを搭載
  • 即時変更OK!選べる7つの料金プラン
  • 誰でも最速でWordPressの立ち上げができる「快速セットアップ」あり
  • 30日間の無料体験プランあり
  • マニュアルに画像が多くてわかりやすい
  • LiteSpeedでサイトの表示速度を最速へ
  • 操作が直感的にわかりやすいcPanelを採用
  • 14日間の無料バックアップ付き